ラッセンの絵をたくさん持っているが、一部不要となったものは買取店で買取してもらうことができます。

買取してもらう時は、できれば高値で買い取って欲しいと考えるものです。

できるだけ高く買い取ってもらうには、どんなことに気をつければ良いのでしょう。

【正しく保管しよう】

ラッセンの絵は、画材が様々なので保管方法にも気をつけなければいけません。

絵画の査定基準は、アクリルやフレームの状態を見られるので、買った時にどのように保管すれば良いかを聞いておくと良いでしょう。

良いコンディションならそれだけ高く買い取ってもらえます。

【不要となったらすぐに買取へ】

日本は高温多湿なので、保管しておいた絵が傷んでしまうことが多いです。

そのため、保管が長くなればなるほど作品の劣化が進みます。

ですから、不要となった作品があれば、できるだけ早く査定してもらうことをおすすめします。

劣化しているとそれだけ査定も低くなってしまうのです。

【買取専門店へ出そう】

今はパソコンやスマホでオークションやフリーマーケットのようなものがありますが、そういったところに出すよりも、絵画買取専門店へ出す方が良い値段を付けてくれる可能性があります。

絵の情報を査定士にきちんと説明するとそれだけ正確な査定額が出るので、問い合わせの時は絵画情報を詳しく伝えるようにしましょう。

メールで査定を依頼するなら、画像を添付するとわかりやすいですし、正確な査定をしてもらえます。