ラッセンの絵は今でも日本では人気があります。

もちろんラッセンは世界的に有名な画家ですから、世界各国に彼の絵が好きだという人は多いです。

ここでは、ラッセンの作品の特徴についてまとめています。

【海や生き物が中心】

ラッセンの作品の多くは、海や生き物が中心となっています。

特に印象的なのはイルカやクジラの絵ですね。

海や生き物をモチーフにしているのは、ラッセンが環境保護に強い関心を持っているからだと言われています。

【エアブラシを使う技法】

ラッセンの絵の特徴に、エアブラシを使っていることが挙げられます。

また、独特な版画の技法を使っているのも特徴ですね。

ツヤのあるボードをキャンバス代わりにしていて、仕上がった絵の表面が写真のように光沢があるのも大きな特徴と言えます。

関連記事≫クリスチャン・リース・ラッセンさんの絵って何で描いてるか、教え… – Yahoo!知恵袋

【誰が見てもわかりやすい絵】

世界には多くの有名な画家がいて、その人たちが描いた絵がありますが、あまり絵のことは良くわからないという人でもラッセンの絵だけはわかるというのも大きな特徴ではないでしょうか。

神秘的な、独特な作品は誰が見ても癒しを感じ、あまり絵が詳しくない人でもラッセンの絵だというのがわかるのはすごいことです。

それだけの存在感とインパクトがあり、多くの人を集めるメッセージ性も持ち合わせています。

ラッセンの大きな絵を家に飾っているという人も多いのではないでしょうか。

海やイルカの絵は、人の心を癒す効果があります。

家に帰って絵を見た時にホッとする、そんな効果がある絵です。