クリスチャン・ラッセン(以下ラッセン)という画家をご存知でしょうか。

ラッセンはアメリカで高い評価を受けている画家で、マリンアートで有名ですね。

ラッセンについて調べてみました。

【ラッセンの経歴や活動】

ラッセンはアメリカのカリフォルニア州出身で、子どもの頃にハワイ島へ渡り、その後マウイ島へ移住しました。

画家活動はもちろんのこと、音楽活動も行っていたことがあります。

日本では1980年代から1990年代にラッセンの絵が大人気となりました。

この頃は、よく展示販売会が行われていました。

現在でもジグソーパズルやカレンダーは人気商品となっています。

【人気の秘密】

ラッセンの作品の特徴は、何といっても『海』でしょう。

マリンアートで有名なだけあってイルカなど海に関する絵が多く、見ていると癒されるものが多いです。

また、有名なキャラクターとのコラボなどもあるので、誰でも親しみやすい絵だというのが人気の秘密と言えるでしょう。

【子どもから大人までに人気】

ラッセンの絵は、イルカやクジラなどのわかりやすいものが多く、子どもから大人まで幅広い年齢層に人気があります。

人気が全盛の頃、絵を買ったという人も多いのではないでしょうか。

認知しやすい絵なので、その価値は理解され難く、ピカソなどと比べられることが多いようです。

ラッセンの絵はわかりやすくキレイなので、絵葉書やカレンダー、ジクソーパズルで人気があるのは納得ですね。